MacBook pro13 2018 を買ったので使用感をレビューしてみた!

 

本ブログでは、筆者が購入した物をオススメだったもの、オススメできないものなど筆者独自が思った価格がお得に感じたものなどを紹介していきます。

本日は、ブログをはじめるに当たって購入したものについて。

買ったもの

  • MacBook pro13 2018
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • バックライトキーボード – 日本語(JIS)

なぜMacBook pro13 2018を選択したのか。
これにはいくつか理由が有りますが、筆者所有のノートパソコンが7年以上前のFUJITSUのLIFEBOOKであったため、古くなっておりサクサク動かなくなったのと出来るなら外に持ち運んで作業を行いたいと思ったためです。

MacBook pro13
言わずと知れたApple製のノートパソコンで、薄くて以前使っていたノートPCよりはるかに軽いパソコンです。
WindowsとOSの違いがあり使えないソフトなども存在するが、作りが洗礼しておりカッコいい!
画面もRetinaディスプレーを採用しており、文字の見え方などもよくすごく綺麗でした。
もうWindows機に戻れなくなるんじゃないかってほど使い勝手も良い。

MacBook Airじゃだめだったのか?
MacBook proですが、正直言ってお高いです・・・
普通にブログをするだけならAirでも動きもサクサクで問題なく可能となるため今からブログを始めようとする方はAirで全然問題ないと思います。
筆者がなぜproを選んだかというと、Airではメモリの変更ができないためです。
ものぐさな為複数のタブを開いた状態で作業する事が多くマルチタスクで作業する事が多いので8Gのメモリでは足りないと思い、カスタマイズをしてもらい16Gを選択しています。
後は、筆者はプログラミングを行うこともありプログラミングをする際のソフトを動かす際の動作やテストを行う際などにパソコンの動きが遅くなる事が多い為、その間手持ちぶたさになるのが嫌だと思ったのが購入の決め手になりました。

第3世代バタフライキーボードについて
キーを押した感じはしっかりしています、音もいい感じなのですがすごく薄い為
Windowsから乗り換えたこともありタイピングの違いで打ち間違えが多くなりました。
まぁ慣れれば違和感はなくなって徐々に手に馴染んできました!
Touch Bar無しのMacBook Proも販売されていますが、そちらは第2世代のバタフライキーボードで押した感覚が柔らかく押したのか分かりにくかったです。
MacBook pro13 2018はTouch Bar無しのMacBook Proに比べて割高になってしまうがこの
部分だけで高いが買う価値があると思えるくらいに良かった点です。

Touch Barについて
Touch IDはひじょ〜に便利w
ですがTouch Barについてはあって良かったとかこれは絶対に必須だ!って言うような程使っていません。
なくても全然困らない、寧ろファンクションキーで全く問題ない・・・
唯一使っていてあまり必要性を感じなかった部分ではないかと。

実際に使ってみて
これからプログラミングの学習を行おうと考えている方、現在プログラミングを行なっている方で購入を迷っている方もいるかと思いますが、WindowsPCとの組み合わせで使うならAirで問題ないかと思います。
ただ、実際に操作してみた所、プログラミングだけを行うなら本当にAirで事足りるなぁと思いました。
もちろん長く使っていく事を考えたらMacBook proを購入した方がいいと思います。

プログラミングについて
プログラミングを初める方にとって、環境構築「プログラミングを初める為の下準備」がWindowsでは上手くいかないこともあり本当に苦労します。
MacBookだと環境構築が割と簡単で問題なくプログラミングの学習に入れるかと思います。
そもそもがMacBookには初期からプログラミングが使える環境が用意されている。
使える言語にはrubyやPython等他にも導入されている。
上記の理由から、初めてで不安だからとりあえずMacBook買って練習してみるかと購入してすぐにプログラミング学習が行えるのもすごく良い所ですね。
慣れてくると、問題が発生した際は自分で調べて解決策を見つけて対応出来ることもありますが、全くの素人で問題が発生してしまい対処の方法がわからないと諦めてしまうので勿体無いです。
私自身も昔は、問題発生し調べて解決して問題が発生して・・・
延々と問題が発生して挫折しそうに何度もなりました。
そういう意味では一番最初に学習用にMacBookを使っていたらもっと早くやりたい事が簡単にできたんではないかと思います。

結局買って良かったの?
YESです。
本年一番買って良かったものになるんじゃないかと思いますd( ̄  ̄)
金額だけみると高く感じますが長く使える高スペックマシンを手に入れた事で様々な作業時間を短縮する事によって元は余裕で取れると感じました。
Apple製品は外に持ち出して作業したくなる不思議な魅力があるので、機になる方は実機を触ってみるとオススメです。

 

最新情報をチェックしよう!